公開

些細な言葉に傷ついてしまう時(Short.Ver)

  • 再生回数:771

○他人の評価で揺らいでしまうのは、本当の自分が、実はよくわかっていないからです。

○思ってもいなかった自分の一面を知らされると、自信がなくなったり、不安になります。

○法鏡といわれる仏教を聞き、自分について深く知ることで、他人の声にブレることのない、ダイヤモンドのような心になれます。

ポイント

今回のお悩み

友達と話をしていた時に、私について
「いつもみんなを待たせるよね」と言われたのですが、それを引きずっています。

仲の良い友達なので、悪気がないことはわかるのですが、
「私、そんな風に見られていたんだ」と思うと、
正直ショックで、その人と会う時以外でも自分の言動に
自信がなくなっています。

気にしすぎる性格に、疲れてしまいます。

ダイヤのような私になれる

今回のお悩みは、友達からこんな風に見られていたと分かってショック、ということですが、こういうことはよくありますね。

SNS上での、心無いコメントが問題になることがありますが、炎上という規模でなくても、数は問題でなく、

見ず知らずの数人の評価であっても私を傷つけるには十分で、その辛い経験から、SNSが怖いと言われる方の話をお聞きしたことがあります。

まして、身近な人からの声が、私たちに与える影響は、より強く、大きなものになります。

中には建設的な意見もありますので、決して、どんな声にも耳を貸さなくなるわけではありませんが、

他人の声でグラつかない、ブレない心を持ちたいと、望んでいる人は、少なくありません。

仏教では、仏教を聞くことで、ダイヤのような心になれる、と教えられています。

ダイヤモンドといえば、変わらない輝きを持っています。

そして、とても価値があるものです。ダイヤのような、価値のある、輝く私になれます。

また、ダイヤは、とても硬いものです。

硬くなる、と聞くと、「頭が固い人」とかいわれるように、意固地になって、凝り固まって、

一人の世界に入って出てこなくなる、そんなイメージを持たれるかもしれませんが、そうではありません。

他人の言葉を聞いても、変わらない、グラつかない、ブレない心を手に入れるということです。

では、どうしてそんな心を手に入れることができるのか、その仕組みを、詳しくお話しします。

本当の自分を知る

今回紹介するダイヤのような心を、仏教の言葉では「金剛心」といいます。

ダイヤモンドのことを、金剛石というんですね。

そしてそれは「本当の自分」を知ることで手に入ると言われます。

限定コンテンツをすべてご覧いただけるオンライン講座もあります。

HSPのミカタ オンライン講座の内容や申込方法は、画像か下のボタンをタップしてご確認ください。

1ヶ月の無料体験はこちら